ハイヤーは一般社会にも浸透している

ハイヤーは芸能人や政治家、セレブといわれる人々の特別なものというのは昔の話。現在、そのような人だけの特別なものではなくなってきています。もちろん、これら特別といわれる人々が利用する機会は多く、パーティーや空港、大企業などへの送迎などで見かけることは多いでしょう。車の手配と聞くと、ハイヤーを指すのが一般的です。昔は憧れだったハイヤーは現在一般社会にも広く浸透し、私たちの身近なものになりつつあります。それは、インターネットの普及と共に、ハイヤーの利用方法についてあらゆる方法があることが分かったことも理由のひとつです。

利用する機会がなかった人達からみると、自分で頼むという意識がなかったこと、特別な場所であるパーティーなどに招かれる機会がそうそうないことなどが挙げられます。自分たちは利用しないだろうと最初から思い込みがあると、関係ないものだという認識になってしまいがちですが、時代の流れと共に変わってきています。家族へのサプライズをはじめとし、友人同士のイベントでの利用や、地方から来た親御さんのために依頼するなど、普段の生活よりワンランクアップした何かに利用されています。まだまだ依頼するときには利用する理由が必要かもしれませんが、これからは自分へのご褒美などに利用されていく機会も増えていくかもしれません。

特に都心にお住まいのご家庭では車を所有することが必須ではありません。もちろんあったら便利ではありますが、東京23区の月極駐車場はだいたい30,000~50,000円ほどかかる区が多いですし、通勤には電車やバスを利用するため車は必要ない家庭が多いのです。必要なときにはレンタカーを借りれば駐車場代や税金、保険料なども節約できます。車体価格が必要なくなるのが一番大きいため、年間家族で乗るようなミニバンだと維持費だけでも50万円ほどかかるのがゼロになるのです。

旅行で空港に行く、新幹線に乗るというときはハイヤーを使ってプロ運転を任せて、後部座席でゆっくりとセレブな気分に浸るのが賢い選択のような気がします。それぞれの価値観はありますが、自動車免許を持っていても車を所有しない家庭が増えているなか、都会にお住まいのご家庭にとって、スマートな節約方法だと言えます。休日や特別な日にしか乗ることもない車を手放すことで、ハイヤーを依頼したり、カーシェアサービスを利用したり、レンタカーを借りるという選択肢が増えていくと思われます。