ハイヤーを社用車として利用する

会社の幹部などの送迎に使われることが多いハイヤーは、これまでは会社が所有しているものであり、そこには専属の運転手がいました。運転手は幹部が朝出勤するときの出迎えから勤務が始まり、取引先への送迎や会食の送迎などをし、気心知れた存在として活躍していたのです。もちろん、車の整備や清掃なども彼らの仕事のひとつであり、常にお付きの幹部のためだけに働いていました。このような制度は、大企業の一部ではまだ残っているのかもしれませんが、最近は運転手をアウトソーシングする企業が増えています。必要な曜日と時間だけ契約する、朝晩だけの契約など、法人契約制度は一般の契約とは違っていますが、それぞれの企業にピッタリの契約方法が実現できます。

企業側は運転手を直接雇用しているわけではないため、会社の経費を使わずに済み、必要なときだけ費用が発生するという流れです。また、ハイヤーを複数台所有することを止めたことから、車両関係の維持費は必要なくなります。経費削減としての効果はかなり大きいですし、アウトソーシングする際にもいくつかの業者から選べるため、それぞれの会社に合わせた人材を選べます。たとえば、海外からのお客様を出迎えに行かなければならないのであれば、外国語に堪能な乗務員をリクエストできます。その日その日の契約であるスポット契約であれば、その場に応じた乗務員が来てくれるでしょう。これをひとりの運転手に限定してしまうと、対応が難しいパターンも必ず出てくるものです。どのような事案にも万能で融通の利く人はそう多くはありません。

社用車として利用するため、ハイヤーは普段はセダンタイプの車両でよくても、接待ゴルフなどの場合は大きめのバンやワゴンタイプで送迎して欲しいこともあります。そのような場合にも柔軟に対応できるのは、アウトソーシングしているからこそ。あらゆるものがこのようにアウトソーシングする方向になっていますが、必要なときだけ依頼するので無駄もありませんし、雇用契約のようなものがないので縛られることもありません。これまで運転手を雇用していても、慣れてもらうまでに時間もかかり、それらを教育する人材が必要でした。教育をしたとしても、長く勤務してくれる保証がないため、また一から人材を探すことを繰り返していたこともありました。ハイヤーの乗務員は語学力もあり、接客スキルもあるメンバーばかりです。同時に運転技術についても問題がないため、安心してお任せできます。